オイナルメモ帖

ウディタその他ツールメモ書き
オイナルメモ帖 TOP  > 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Famitracker 拡張音源 使い方

某スレよりコピペ

140 名前:名無しサンプリング@48kHz mailto:sage [2009/05/22(金) 00:51:24 ID:UOWqPzao]
FamiTrackerを使いはじめて1ヶ月の初心者です。
FamiTrackerで拡張音源を使うにはどうすればいいですか?

141 名前:名無しサンプリング@48kHz mailto:sage [2009/05/23(土) 13:40:32 ID:rn8eJ5XR]
>>140
Module > Module Properties > Expansion Chipでおk



GB風の曲の動画見てこれいいなあと思ったので、ずーっとFDS音源の使い方を調べてた。
まあ音楽は全くできないので曲ができるとは思わないけど使えるだけでも楽しいからおk。

web拍手 by FC2
[ 2012年07月31日 13:39 ] カテゴリ:メモ | TB(0) | CM(0)

文字列をビット数っぽく扱う

ウディタ2.02で「文字列操作→指定文字まで切り出し・指定文字以降を切り出し」が追加されました。文字列を扱うコモンイベントを使っている方には歓喜なわけで、これを使えば更にtxtをデータとして扱いやすくなります。ですが、他になんか面白い使い方ないかなぁと考えていたら思いついたのでここに書いておきます。

※2進数をあまり使わない方向で解説していますが、コモンイベント引用部分はビット数の使い方を書くためにあえて使用しています。


長いので追記で。

web拍手 by FC2
[ 2012年07月23日 20:14 ] カテゴリ:ウディタ テクニック | TB(0) | CM(0)

曲者 スクロールとリンク

「スクロールとリンク」にチェックを入れた状態でピクチャ移動をする時に絶対座標を指定していると、思いも寄らない方向へ飛んでいくことがあります。
これはマップの左上を(X:0,Y:0)とした時の入力座標に移動しているからです。
絶対座標で正しくマップ上を移動させたい時には、移動後予定の座標にシステム変数「Xスクロール値」「Yスクロール値」をそれぞれ足してあげれば良いです。


これ絶対躓く人いるだろうな。
最初見た時バグかと思ったし。


2013/01/23追記
書きなおした物を投稿しました。→「スクロールとリンク」について 詳細

web拍手 by FC2
[ 2012年02月04日 16:31 ] カテゴリ:ウディタ テクニック | TB(0) | CM(1)

ピクチャ表示位置について

今作ってるロックマンX風ゲームなんですけど、なんか壁との衝突判定がおかしい。
原因を追求中ですが、もしかして自分がウディタのピクチャ表示位置の仕様を誤解している可能性もあるので、コモンを作って検証しました。

イベントの中身はちょっと行が多いので割愛して、大まかな動きを説明すると、
「上下左右でカーソルの座標を動かせて、決定キーを押すと表示位置が切り替わる」という簡単なもの。

↓起動時のスクショ。点線の四角がカーソルで、下の文字列はカーソルの座標と表示位置を表しています。
ScreenShot_2012_0130_14_37_41.png


今回は、座標はそのままで表示位置だけ切り替えて、画像がどう動くのか確認したいと思います。
そして、検証用に3つの大きさのカーソル(32×32,31×31,4×4)を用意。
ka-soru32.png ka-soru31.png ka-soru4.png

はたして、画像はどう表示されるのか?
検証結果は言葉だけだと説明しづらいので、まずはスクショを御覧ください。(アニメgif)


32×32  全て綺麗に背景の市松模様に収まるように表示されています
カーソルサイズ32


31×31  32×32から1ピクセル詰めた画像ですが、注目すべきは「中心」です。
(ありえないけど)もしかしたら位置が0.5ピクセル(半ドット)ずれたりするんじゃないかと思ってましたが、ちゃんと表示されています。
カーソルサイズ31


4×4  このような極小サイズの画像を表示することは稀ですが、後の考察のために撮っておきました。
カーソルサイズ4



結果を元に自分なりに考察したものを説明すると、
「内部的には実際に表示位置が変わっているわけではなく、表示位置ごとに設定される値(n,m)がある。
入力された座標を(x,y)、最終的な内部座標を(a,b)とすると、(x,y)+(n,m)=(a,b)。
その(a,b)の座標に画像を表示することにより、表示位置自体を変えたように見せている。」
という感じでしょうか。

まあ、違うかも知れませんが、動作的にはこんな感じだと思います。
表示位置ごとに設定される値(n,m)については、画像と一緒にどうぞ↓



・例として、表示する画像のサイズは4×4ピクセルだとします。
ピクチャ表示位置0


※↓わかりづらいですが、画像のが入力座標(x,y)=(0,0)で、画像の左上のピクセルの座標が内部座標だと思ってください。

1.左上時
(n,m)=(0,0)です。上の大文字によると、(x,y)=(0,0)なので、
内部座標は(0,0)+(0,0)=(0,0)となり、画像は(0,0)の位置に表示されます。
ピクチャ表示位置1


2.左下時
(n,m)=(0,サイズY*(-1))です。この例だと(0,-4)。(計算略)内部座標は(0,-4)となり、その位置に表示され、見た目的に左下を基準に表示されたように見えます。
ピクチャ表示位置2


3.中心の時
(n,m)は両方とも画像のサイズに影響されますが、偶数と奇数のときによって違います。
偶数時:(サイズX/2*(-1),サイズY/2*(-1))
奇数時:((サイズX+1)/2*(-1),(サイズY+1)/2*(-1))
例の場合だと偶数なので(m,n)=(4,4)/2*(-1)=(-2,-2)。内部座標は(-2,-2)です。
ピクチャ表示位置3


4.右上時
(n,m)=(サイズX*(-1),0)です。この例だと(-4,0)。内部座標は(-4,0)。
ピクチャ表示位置4

5.右下時
(n,m)=(サイズX*(-1),サイズY*(-1))です。この例だと(-4,-4)。内部座標は(-4,-4)。
ピクチャ表示位置5



結論
ドット単位で制御するゲーム作ってる人くらいしか興味ないし、それ作ってる人は既に知ってるだろうし、
完全な誰得検証でした。

web拍手 by FC2
[ 2012年01月30日 18:43 ] カテゴリ:ウディタ テクニック | TB(0) | CM(0)

ロックマンX風パスワードの作り方

※ウディタのことではありませんが、テクニック系だと思うのでこちらに記述します。

ロックマンXのパスワードの作り方が探しても見つからなくて、頭をひねりまくって無い知恵絞って出したらそれっぽいものが思いついたのでメモメモ
表計算ソフトでまとめたものをjpgにしました。

ロックマンX パスワードロックマンX パスワード2
ロックマンX パスワード3ロックマンX パスワード4



厳密には違うかも知れませんけど、多分似たようなのは作れるはず。
ユーザーDBを使えば、表のようなことができるから、ウディタ向きかも知れない。



追記
あまりにも説明下手で日本語がおかしかったのでjpgをまるまる修正しました。

web拍手 by FC2
[ 2012年01月18日 23:30 ] カテゴリ:ウディタ テクニック | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。